<デリヘル情報>店名を名乗ることのないデリヘル


<デリヘル情報>店名を名乗ることのないデリヘルブログ:09-2-2015


小さい頃、夏休みや冬休みに田舎に帰ると、
祖父はいつもポッキーというスナック菓子をくれました。

仕事の関係で家にいない時には、
ポッキーだけが置いてあることもありました。

ミーは
「なんでいっつもポッキーなんだろう?」
と思いながら食べていました。

きのう、
友人のお子様にスナック菓子を送ってあげることになり、
ミーは妻と一緒に
スーパーのスナック菓子売り場に行きました。

ずいぶん久しぶりに訪れたスナック菓子売り場は、
童心をくすぐられる、なかなか魅惑的な場所でした。

で、いざ、そのお子様に送ってあげるスナック菓子を選び始めると、
二人とも途方に暮れてしまったのです。

膨大な種類のスナック菓子があって、
どれを送ってあげたらいいのかがわからないのです。

たまにしか会わないお子様が好きなスナック菓子って、
接していない分だけわからないんですよね。

過去の記憶を手繰り寄せながら、
そうしてなんとかかんとか見繕って、
二人して「これで喜んでくれるかな〜?」などと言いつつ
お買い物を済ませたのでした。

そのスナック菓子の会計を済ませるレジの列に並んでいる時に、
ふと「祖父のポッキー」のことを思い出したのです。

思い出すと同時に、
祖父もがミー好きなものがわからんかったんだ…
それでも
「これで喜んでくれるかな〜?」って思いながら、
ポッキーを買ってきてくれてたんだ…

あのポッキーは、
祖父の精一杯の愛情表現だったんですね。

積年の疑問が解けると同時に、
あのポッキーがただのスナック菓子ではないことに気づいたミーは、
スーパーのレジで並びながら、
ウルッときてしまいました。